合同産業 株式会社

President Greetings社長あいさつ

 合同産業株式会社のコーポレートサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
 1959年の設立以来、私たち合同産業は、各地でビルメンテナンスサービスをご提供してまいりました。
 会社ロゴマークの「do」は、一人ひとりの力強い行動力や現場主義を大切にしたいとの基本理念を表しており、私たちは「いつも、どこかで」お客様へ安全安心と快適な都市環境をお届けするための活動を続けています。

 近年、世界ではAIやIoTをはじめとする社会全体のICT化やロボティクス化が急速に進展し、従来は製造業におけるファクトリー・オートメーションや特定分野での話題に過ぎなかったICTやロボティクス技術は、いまや完全に私たちの身近な生活を支えるところまで普及してまいりました。
 日本では、残念ながら「失われた30年」などと言われることがありますが、再び日本経済を元気にしていくためには、あらゆる企業の努力により、新たな発想とイノベーションによる生産性の飛躍的向上が欠かせないとの指摘もあります。私たちビルメンテナンス会社は、今後とも労働集約的な企業であり続けますが、このように時代が大きく変化するターニングポイントを迎え、これまで以上に「人」や「人のチカラ」にフォーカスするとともに、「人のチカラ✕先端技術の融合」という新たなテーマにも果敢に挑戦してまいります。

 また、温暖化や気候変動の影響と考えられる自然災害が世界各地で頻発していますが、企業活動や普段の暮らし方を見直し、温室効果ガスの排出を削減することは、もはや「待ったなし」の段階に至っています。すでに「ESG」や「SDGs」などの考え方も示され、世界中で様々な施策も推進されていますが、仕事として大量の電力や廃棄物などを取り扱うビルメンテナンス会社として、このような課題にも真正面から取り組んでまいります。

 設立以来、「建物というハードを見る目線だけでなく、何より人を見る目線や感性を大切にする。」「教育訓練や研究開発などを通じて皆様の様々なニーズにお応えできる人づくり、企業づくりを推進する。」という2点を基本方針としてまいりましたが、お陰様で創立60周年という節目を迎えることができ、さらに「21世紀のサスティナブル&スマート社会に求められる新たなサービスを創造する。」「お客様に喜ばれ、社会に役立つを企業であり続ける。」との大きな目標を加え、さらなる努力と挑戦を続けてまいります。
人のチカラを信じる会社。一人ひとりが思いっきりチカラを発揮できる会社。
皆様には、今後とも倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

合同産業株式会社
代表取締役社長 網野公泰